エアコンの節約術

No Comments 未分類

エアコンは、かなり消費電力が多い家電の一つです。

エアコンのフィルターが汚れて目づまりしていてはエアコンの能力が発揮できません。
掃除を定期的にすることで節約にもつながります。

 

もし10年以上前の古いエアコンを使っているのでしたら買い換えたほうがいいかもしれません。
最近のエアコンは、以前に比べ消費電力が少なくなっています。
省エネタイプの物なら、かなり節電出来ます。
製品によって少し値段が高いかもしれませんが、毎日使う電力を考えると10年は使えるでしょうから
節約に繋がります。
エアコン設定温度を28度にして、扇風機を併用すれば風で涼しくなります。

部屋が暑い間は、いつまでも時間がかかり消費電力が掛かってしまうことになるので
エアコンを入れる際、温度設定を28度より低くして強風で
早く室内の温度を下げてから、温度設定28度にすると節電になります。

 

室外機ですが日が直接当たらないように日よけをしておきましょう。
木材で作るのもいいですが、簡単に取り付けできる市販の日よけ用の物があります。
設置場所にも気をつける方がいいようです。
雨などに当たらない所がいいでしょう。

 

部屋に窓ガラスがあれば、外気に影響されないように省エネ用のシートを貼るのも効果的です。
すだれなども効果がありますし、流行りの緑のカーテンなどの植物も利用しましょう。

 

エアコンを使用しないときはコンセントを必ず抜いておきましょう。
待機電力もバカになりません。

これらの事を、1つでも多く取り入れると節約できます。