電気代の契約見直しで基本料金を抑える

No Comments 未分類

基本料を抑えるには、各電力会社が出している契約メニューがあります。
お得なメニューがあるので、それぞれの家庭にあったメニューを検討されるといいでしょう。

基本料金について言いますと
契約方法が電力会社によって違います。

 
関西電力・四国電力・中国電力・沖縄電力は
基本料の契約になっていて一定です。

関西電力では従量電灯Aはおもに一般家庭用です。
従量電灯Bは商店や飲食店会社など沢山使う方向きですが、選ぶことが出来ます。
月の使用料が平均して800kwh以上なら、一般家庭でも従量電灯Bを選んだほうが安くなります。

 

時間帯によって料金が安く使える「はぴeタイム」や
「時間帯別電灯」「季節別電灯PS」などの契約があります。

「はぴeタイム」はリビングタイム・デイタイム・ナイトタイムがあり
時間帯によって大変お得になる。

 
「時間帯別電灯」は夜間が特にお得になる。
昼間あまり使わない家庭ではお勧めです。

「季節別電灯PS」はエアコンなどのピーク時間の使用を抑えて
オフピーク時間にはややお得になっている。3段階で料金が変わる。
深夜時間帯は、割安になっているのでお得です。

 

九州電力・東京電力・北陸電力・中部電力・東北電力・北海道電力は
契約しているアンペアの大きさで決まります。
家庭の家電の数や使用量によって、アンペアが大きく無駄に多く払っている場合がありますので、今契約しているアンペアを調べて、大きいようであれば契約を下げるとよいでしょう。契約している電力会社に申し出て、契約変更しましょう。

各電力会社で相談されるといいでしょう。