電気代の料金体系

各電力会社によって電力体系に違いがあります。

たとえば関西電力では
はぴeタイムは、リビングタイムがあり平日の朝7時から10時までと17時から23時と
土曜祝日を含む休日には、朝7時から23時まで割安な時間帯があり
その時間帯に使うとお得になります。
特にお得なのが、深夜に使うナイトタイムです。
23時から翌朝7時までが、特にお得になっています。

 

ok

 

 

時間帯別電灯は
ご家庭で昼間はあまり使わず、夜間に電量をたくさん使う方にはとてもお得です。
ただしこの場合、昼間の使用料は割高になるので注意が必要です。
昼間の時間帯は、7時から23時が割高になり
3時から翌朝7時までがお得です。
季節別電灯SPは
7月1日から9月30日までの期間
平日ピーク時間帯13時から16時までが、かなり割高になり
7時から13時と16時から23時がオフピークになるので、割安になりますが3段階にUPします。
同じ期間内で土曜祝日を含む休日は、7時から23時まで同じ3段階の料金になります。
この時間帯で、その他の期間があり10月1日から翌年の6月30日まで適用されます。
これらは一例です。

 

 

 

東京電力では
従量電灯BC・朝得プラン・夜得プラン・半日お得プラン・土日お得プランなどがあり
東京電量では、ご家庭にあったプランを診断してくれますので利用するといいでしょう。

その他、電力会社によって時間帯にも違いがあるようですし
契約している電力会社の料金体系をよく知り
それぞれ生活にあったお得な時間帯で選び、賢く節電しましょう。

今年も各電力会社の値上げが予定されています。
お得なプランを利用して乗り切りたいものです。

どうしても毎月の電気料金の支払いが怖いという方はキャッシングをするのも一つの方法です。
確かにお金借りる不安な気持ちはわかりますが意外と便利なものですよ。

百聞は一見にしかずといいますがその通りです。

日常で少しお金が足りない時にキャッシングがあると非常に心強いですから。

消費者金融などで借りる場合にはアコムなどの大手を選ぶと良いでしょう。

アコム在籍確認は親ばれする可能性も低いのでおすすめです。

 

私はこのサイトでカードローンを申込んだのですが、どれも知名度があるので安心して利用できました→カードローンの審査について